Bramasole

東京におけるシチリア料理の本流を汲む新名店、それが今回紹介の「ブラマソーレ」です。2019年11月29日発売「ミシュランガイト東京 2020」も新規ビブグルマンとして早々に掲載。開店から1年でその実力が広く知れ渡るに至った話題の一軒です。 アラカルトメニ…

Radisson Blu Hotel Shanghai New World 前編

今回もやや番外編。巨大都市上海における最大のターミナル、地下鉄「人民广场」駅からほぼ直通。屋上に空飛ぶ円盤を乗せた様な未来的意匠の建物で知られる宿泊施設、「Radisson Blu Hotel Shanghai New World 上海新世界丽笙大酒店」の紹介です。筆者も重ね…

Pollen Street Social

今やロンドンそして英国を代表する有名セレブシェフ、ジェイソンアサートン氏。その原点であり、かつその名声を一気に築き上げたミシュラン一つ星旗艦店がここ「Pollen Street Social」です。 近年ではマリオット系列最上位、エディションホテルと世界各地で…

La Villa Gallarati Scotti

今回は番外編。ミラノ郊外に立地する企業向け宿泊兼会議研修施設、「La Villa Gallarati Scotti」について紹介をさせて戴きたく存じます。海外での社員研修や商談会をご検討中の法人様を始め、広くは欧州の宿泊及び貸会場事業あるいは内装事例について情報ご収…

Heinz Beck ※閉店

今日は令和の新天皇誕生日。東京おしゃれグルメも3軒目、ミシュラン一つ星の美食イタリアン「Heinz Beck」です。まさに皇居を目前に望む正真正銘の一等地。記念日あるいは特別な一日に訪れるガストロノミーとしても格別の支持を獲得しています。 イノベーテ…

50 Kalò di Ciro Salvo Pizzeria

本場ナポリでも有数の著名ピッツェリア「50 Kalò」がロンドンに登場。2018年7月の開店以来、ロンドン「50 Kalò di Ciro Salvo Pizzeria」としても既に国内外で複数の賞に選出。高い評価と支持を獲得しています。 創始者はピッツア生地の革命児、Ciro Salvo …

Bistro Plein

東京おしゃれグルメ2軒目。既に南青山六丁目の定番的隠れ家に、新進気鋭のフレンチビストロ「Bistro Plein」です。 総料理長兼パテシェに料理長兼ソムリエ、店長に接客兼パテシェと少数精鋭の協業体制で効率良く創造される渾身のフレンチとおもてなし。訪れる…

Kiln

ロンドンのおしゃれグルメ激戦区ソーホー地区、その中でも一際活気ある人気店。それがタイ式グリルと土鍋料理専門店「Kiln」です。 扉を開けるとそこには右側一列、奥まで連なる厨房とカウンター席。蒸気を上げ炭から炎を立てながら次から次へと料理を完成、…

Bao Borough

前回「Padella」に引き続きロンドン、バラマーケット界隈から。台湾式バーガー「刈包」専門店です。 「刈包」別称「割包」とはその名の通り、蒸し中華饅の片側を割って具が挟まった様に見える小吃。台湾の至る所で見かける伝統的な軽食です。真っ白な饅頭部分…

Padella

謹賀新年、今日からブログ3年目です。令和の元旦に紹介させて戴きますのは、ロンドンで行列のできる店として真っ先に挙げられる人気店。それ程に順番待ちで有名な自家製生パスタの専門店「Padella」です。 ロンドン橋の麓、あるいはバラマーケットの入口に位…

2019年の振り返り

大晦日です。昨年度に引き続き、今年も1年間の振り返りをさせて戴きたく存じます。 2019年はこの記事を含め合計51投稿、約40軒のおしゃれグルメ店を紹介させて戴きました。地域も北京と上海に加え、広州、深センを網羅。11月には東京、今月直近の記事ではロ…

Hoppers Soho

メリークリスマス、そして今回は冬のロンドンよりお届け。行列のできる人気スリランカ料理専門店、そのソーホー店の紹介です。 南インド料理、すなわちタミルナドゥ料理と多くを共有するスリランカ料理。ここ「Hoppers」はその店名通り、名物ホッパーとカレー…

Aman Summer Palace

中国初のアマン、かつアマン史上初の都市型リゾートホテルとなったアマンサマーパレス北京。2008年、二軒目のアマンファユンに先行する事2年。清王朝の時代、西太后の夏の離宮として再建された「颐和园」の東門に隣接する形で開業。壮大な四合院造りの建造物…

北京おしゃれグルメを総括 後編

2018~2019年、北京と上海のおしゃれグルメ集大成。いよいよ大詰めです。前回の10店に引き続き、北京のベスト20店を紹介させて戴きます。繰り返しにはなりますが、選定基準はおしゃれグルメ度。料理、店舗、立地、話題性、実績、顧客層といった要素を考慮の…

Seirinkan

11月です。そして東京のおしゃれグルメ初掲載。東京におけるナポリピッツァの原点、旧「中目黒サヴォイ」の紹介です。創始者はお馴染み柿沼進氏。2007年6月、お向かいへの移転を機に旧店舗の権利をご売却。以降、「聖林館」としてその伝統を受け継ぎます。 …

北京おしゃれグルメを総括 前編

ご好評戴きました「上海おしゃれグルメを総括」の北京編です。今回も再び苦渋の選択。おしゃれグルメの観点からなんとか上位10店、選出させて戴いております。全体として老舗、既存店の強い北京。二号店の出店や新規メニューの開発、店内外でのイベント等を…

Alimentari & Degusteria

安福路のカリスマ輸入食材店「Alimentari」の新展開。店名の意味する所は食料雑貨店兼食堂。カウンター及びテーブル席を常設、デリあるいはバーとしての機能が拡張されています。 物販の主力は肉製品とチーズ。これらにオリーブやワイン、イタリアを中心に各…

当ブログにつきまして

お知らせです。 約2年間に渡り北京と上海のおしゃれグルメ情報をお伝えして参りましたが、定期的な更新を一時休止とさせて戴く予定でございます。主な活動拠点を他の地域に移す事になったのが理由でございます。 今後も随時、北京や上海を訪問させて戴いた折…

Baker & Spice

上海発、この1年の間に北京でその存在感を加速度的に高めるデリ系列店。話題の「北京王府中环店」開店を機に「国贸商城」にも進出。「Tribe Organic」「Moka Bros」といった北京発の健康志向カフェを好敵手に、首都北京でもしのぎを削ります。 その名の通り…

上海おしゃれグルメを総括 後編

前回に引き続き第二弾。当ブログお薦め上海おしゃれグルメ店ベスト11~20位を紹介させて戴きます。人気店がひしめき合う上海の飲食店から20店、まさに苦渋の選択です。今回の一軒目、第11位は五原路の新人気店「Bird and Bitter」です。 11. Bird and Bitter…

上海おしゃれグルメを総括 前編

2018年1月1日の元旦より「北京上海おしゃれグルメ日記」を始めて1年と8ヶ月。これまで紹介させて戴きました上海のおしゃれ飲食店の数は新旧織り交ぜ約40店。その中からあくまで現時点、かつ当ブログなりのベスト20店という形で上海のおしゃれグルメの今を整…

Georgia's Feast

北京あるいは全国でも希少なグルジア料理とグルジアワインの専門店。2015年3月の開業以来、支持層を着実に拡大。固定客層も厚く既に老舗の風格です。 「Georgia's Feast 格鲁·秀色」で提供されるのは伝統的なグルジア料理。創業のきっかけは旅行で訪れた旧グ…

云南省茶旅特集 後編

「云南省茶旅特集 前編」「云南省茶旅特集 中編」に次ぐ特集第三弾。今回の訪問先は、2020年の世界遺産登録申請を目指し大いに活気付く景迈(Jǐngmài)山です。「普洱景迈山古茶园」の正式名称にて2013年1月29日、ユネスコ世界遺産暫定一覧に掲載。「景迈山…

Mosto

北京のおしゃれ系創作料理店として長らく存在感の際立つ定番店。一つの世代から次の世代の支持層へ、脈々とその人気が受け継がれます。 「Mosto」で提供されるのは南米料理を基本とした現代料理。クスクスやリゾット類といったいかにも南米らしい食材や手法…

上海の麺専門店特集

おしゃれグルメを満喫する上でも麺料理は必須。高級店から各地麺料理の人気店まで、上海の麺料理は多種多様です。今回はそれら代表として3店紹介。いずれも昨今の上海とそのグルメ嗜好を象徴する麺料理専門店です。 上海のこれから、秋冬と言えば上海蟹。星…

Jing-A Brewpub

北京の地ビールの代名詞とも言える程に名の通った老舗マイクロブルワリー。同店初となる胡同地区への出店、隆福寺店の開店を前に様々な期待が膨らみます。今回は「京A」発祥の地、幸福村中路のブルーパブについて情報更新。再投稿とさせて戴きます。 共同創…

Tacolicious

ダブルシェルタコで知られる上海のタコス専門店。2018年6月の開業から1年強、昼夜を通じてタコス通の愛好家が集います。 看板メニューは勿論、タコス。内側に揚げたトルティーヤ、外側は柔らかいトルティーヤのダブルシェル仕様で提供されます。アサド、焙り…

Moka Bros

移転改装、店舗網拡大と既存人気店の勢いが新規店を圧倒する昨今の北京。市内カフェご飯の元祖、那里花园の顔「Moka Bros 摩卡站」も建物内北側に移転。2019年7月より、一回り大きくなった店舗で更一層魅力的になっての再開です。併せまして当ブログでも内容…

云南省茶旅特集 中編

「云南省茶旅特集 前編」に次ぐ第二回目の掲載。ここからは云南省普洱茶の「新六大茶山」を中心に紹介を進めさせて戴ければと存じます。 云南省「新六大茶山」を構成するのは「南糯(Nánnuò)」「南峤(Nánjiào)」「勐宋(Měngsòng)」「布朗(Bùlǎng)」「…

Toast at The Orchid

北京を代表する隠家胡同ブティックホテル「The Orchid」のメインダイニング。掲載写真及びメニュー等の各種更新に伴い、再投稿させて戴きます。 広義には同じく胡同地区の「Susu 苏苏会」同様、四合院造りの飲食店人気は今だ高騰するばかり。「Toast」では特…