北京上海おしゃれグルメ日記

kalakauaavenue’s diary

50 Kalò di Ciro Salvo Pizzeria

本場ナポリでも有数の著名ピッツェリア「50 Kalò」がロンドンに登場。2018年7月の開店以来、ロンドン「50 Kalò di Ciro Salvo Pizzeria」としても既に国内外で複数の賞に選出。高い評価と支持を獲得しています。

創始者はピッツア生地の革命児、Ciro Salvo 氏。本拠地「50 Kalò」ではより柔らかく消化に良い独自の含水生地を開発。原材料は低蛋白質の小麦粉、製造段階では極端に多くの水分量が加えられます。その食感は新基軸。ナポリの典型的な伝統ピッツアよりも中央部分を肉厚に、焼き上がりはカリッと感よりもよりもっちり。界隈でも一線を画します。

Ciro Salvo 氏のご実家はナポリ市近郊ポルティチのピッツェリア。1968年より祖母が経営する老舗です。ここでの修行の後、満を持してナポリ市内へ。2014年、メルジェッリーナの海辺近くに「50 Kalò」を開業。3代に渡り受け継がれてきた家族のレシピを進化させます。更には「Don Alfonso 1890」から取り寄せのエクストラヴァージンオイルに地元の有機栽培トマト等、上質な素材と具材をふんだんに使用。季節のメニューと共に地元でも評判に。ナポリピッツアの新星として瞬時に名声を築くに至ります。

そのレシピと製法は2号店、ここロンドンでも踏襲。焦げの付け方まで詳細に至り品質管理されます。店内約100席は全てウォークイン、閉店時間近くまでほぼ常時満席。本場ナポリの流行と極上のピッツア生地を求め、トラファルガー広場近くのこの店舗に愛好家と食通が集まります。最寄の「Embankment」駅等からは徒歩圏内。他の人気ウォークイン店同様、順番待ちは「WalkIn」アプリで。



グラスで戴く赤は「Janare Aglianico Sannio DOP 2015 La Guardience」750ml ボトル£19.95、175ml £5.99。



サレルノ産「Colline Salernitane」エクストラヴァージンオリーブ油、水牛モッツァレラとソレント産トマトのカプレーゼ「Caprese」£11.50。マルゲリータ「Margherita」£9.45には「Casa Marrazzo」社のクラッシュトマト缶を使用。スライスは自分で。


以上、価格表示は内税。会計時に別途、所謂チップの代わりにサービス料として一律12.5%が加算されます。

50 Kalò di Ciro Salvo Pizzeria
電話番号: 020 7930 9955
住所: 7 Northumberland Avenue, Westminster, London WC2N 5BY

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報