北京上海おしゃれグルメ日記

kalakauaavenue’s diary

La Mesa

「Lost Heaven Restaurent Group 花马天堂集团」社による食の一大複合施設、上海「More Than Eat」の一角を占めるメキシカン新店。2019年5月9日木曜日より正式開業、昼夜を通じて大盛況の状況が続きます。

 店名の「La Mesa」は「The Table」を意味するスペイン語。タコス、ブリトーを基本にメキシコあるいは各種南米の街頭料理がメニューに並びます。仕掛人テキサス州オースティンご出身のKen Walker 氏。かつてはテクスミクスにテキサスBBQと様々な人気店を世に送り込んできた著名人です。今回は「More Than Eat」への出店。市内でも有数の立地と話題性、界隈の顧客基盤を引き継ぎます。

元はと言えば「More Than Eat」は云南料理の高級店「Lost Heaven 花马天堂」からの拡張拡張。2016年9月14日の正式開業の後、2017年の一時閉鎖を経て2018年に再開。それまでの物販兼カフェテリア形態から他系列店の出店誘致へと、店舗構成も大幅に変更されています。その中でも「La Mesa」は巨鹿路側一面を占有。大きく開いた窓際は通りと一体化、昼夜を通じて気持ち良く開放的な特等席となっています。

注文はカウンターにて先払い。メニューに表記の「Highly Recommended」をまずは参考に。ソフトドリンクは「Farmhouse Juice」社と提携。100%低速低温圧搾果汁と共に食事を楽しむ事が出来ます。



ソフトシェルタコスは単品28元、2品注文で50元。「Chiken Tinga 鸡肉塔可」は脂の抜けた鶏肉がかなりピリ辛で美味しい店舗推奨の一品です。



同じく店舗推奨「Chorio (Pork)  香肠塔可(猪肉)」はマイルド系。パイナップルの風味が特徴的です。


トルティーヤがパリッと美味しい「Burgerrito 墨西哥卷饼 镇店之”堡“」78元。オージービーフとチーズが溢れんばかりのピリ辛ブリトー、看板商品です。「Farmhouse Juice」は40元。No.8の成分は林檎、胡瓜、ほうれん草、セロリ、ライムに生姜です。

La Mesa The Table @ More Than Eat
住所: 上海市静安区巨鹿路758号

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

Slow Boat Dengshikou Taproom

2019年6月7日金曜日、「端午节」三連休の初日。北京を代表する地元マイクロブルワリーの灯市口店が遂に正式開店です。

Slow Boat Brewery 悠航鲜啤」発祥の地と言えば、东四八条胡同にあった小さなタップ店。ブロックを積み上げて建築された外壁と木製の扉の対比がお洒落な名店でした。店内には木製の長テーブルと長椅子、それらを囲む小テーブルに窓際カウンター。所狭しと詰めてざっと40~50席、各種地ビールと楽しむフライバーガーは当時からの名物です。

三里屯店に次ぐ新店舗は、伝説の东四八条胡同店から地下鉄2駅という立地。ほぼ同地域、东城区内への待望の復帰再開です。既に昨年末12月14日には告知されていたこの場所での開店。文字通り満を持しての営業開始です。店舗には初日昼時から界隈の愛好家が集結。早速の満員御礼に幸先の良い新店です。

以前の东四八条胡同店と比べて格段に広々と配置された約50席。高い天井に北と西の全面を窓に囲まれた店内は明るく開放的な趣きです。天気の良い日には入口付近に簡易的に配置されたテラス席も快適。ペット同伴にも最適です。所在地は地下鉄5号線「灯市口」駅の真上、北西側A出口が設置された建物の背面側になります。地上に出て左手、建物裏に回り込む様な形で直ぐに見つかる好立地です。



4月からの新作定番「Nautella Imperial Milkshake Stout 墨等闲帝国世涛」AVB: 8.2% 23 IBU、60元。濃厚なチョコレートの香りが魅惑のスタウトです。イタリア製生ハムの盛り合わせ「Charcuterie Board 意大利风味火腿拼盘」68元と。



Slow Boat Brewery 悠航鲜啤」と言えば、数々の受賞に輝く名作「The Fryburger 薯条汉堡」59元。看板中の看板です。「Grilled Salmon & Raspberry Salad 炙烤三文魚覆盆子沙拉」61元、炙り焼きの鮭が絶品です。



長年の隠れた定番「Helmsman's Honey Ale 上山下乡蜂蜜艾尔」AVB: 6.0% 27 IBU、45元。甘く黄金色の美しさが特徴的。云南省シャングリラの提携有機蜂蜜農場との合作です。



おつまみに再度「Seasoned Fries 啤酒炸薯条」小桶30元。食後には「奥利奥提拉米苏 Oreo Tiramisu」45元を。灯りのついた看板は開店後、扉の告知は開店前です。


Slow Boat Dengshikou Taproom  悠航鲜啤 灯市口店
住所: 北京市东城区东西南大街157号圣元荟105

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

World Of Beer

通称WOB、上海ビアバーあるいはビアパブとしては最大規模の大型店。カウンター奥にずらり並んだタップは圧巻の光景。輸入クラフトビールの品揃えで群を抜きます。

富民路に面した店舗は旧「Dr Beer」の右側真隣。週末ともなれば人が溢れそうな程の大盛況です。元はといえばフロリダを拠点に全米60店舗以上を有するの加盟店網。土地柄とも相まって、店内はアメリカン色濃厚。潤沢かつ均整の取れた品揃えは世界標準、通好みなビール愛好家を喜ばせます。例えばスタウト等、同種類別銘柄での飲み比べも存分に楽しめる貴重な一軒です。

シカゴの名門「Goose Island Brewhouse」現地生産ブルワリー店に、昨年2018年にはカリフォルニアの「Stone Brewing Tap Room」と海外有名店の進出目まぐるしい上海。地元地ビール店が根強く人気の北京と好対照の環境です。開業2016年春、上海店はWOBにとって海外初店舗です。仕掛人は当時フロリダ在住であった Yin Cong 氏。以来、数人の団体あるいはスポーツバーとしての用途にも定番的な人気です。



「Brewdog Jet Black Heart 精酿狗黑心牛奶世涛」AVB: 4.7% 30 IBU、アメリカンパイント58元はアイルランドから。いかにも凛々しく締まったミルクスタウトです。


冷蔵庫に並ぶ輸入クラフトビールも圧巻。文字通り居酒屋風ナチョス「Tavern Nachos 酒馆玉米片」42元。



タップはざっと数えて40。カリフォルニアのインペリアルスタウト「North Coast Old Rusputin Russian Imperial Stout 北岸旧拉斯普京」AVB: 9.0% 75 IBU、スニフタ―68元。


「Cheese & Chili Tacos 芝士红豆肉酱塔克卷」48元。連日連夜の満員御礼です。


World Of Beer WOB酒吧餐厅
電話番号: 021 6205 8885
住所: 上海市静安区富民路85号 巨富大厦1楼

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

Le Little Saigon

北京フレンチベトナミーズの老舗。中国語での店名は「西贡在巴黎」すなわちパリのサイゴン。伝統的なベトナム料理とフレンチのビストロ料理を同時に楽しむ事ができる一軒として根強い人気を堅持しています。

「后海」や「钟鼓楼」といった観光名所からも徒歩圏内の旧鼓楼大街。2008年6月の開店時からの立地です。照明を落とした店内の装飾は文字通りパリのビストロの趣き。テーブルへのスポット照明が厳かに料理を演出します。メニューの大部分を占めるのは、ベトナムの伝統料理。それらと並行してフレンチの定番的な家庭料理が同居、異国情緒を増幅します。場所柄、欧米諸国からの旅行者にも定番の一軒。地元常連客からその訪問者、またその友人へと世界中に愛好家の輪が広がります。

10年の歴史を経て料理、店舗運営共に円熟かつ安定。2013年10月には西单ギャラリーラファイエット「Galeries Lafayette Beijing 老佛爷百货」開業時に2号店を開店、地元若年層にもその名が広まります。更に2018年4月には「北京经济技术开发区」にも出店。その中で、原点は常にここ旧鼓楼大街の旧鼓楼店。界隈の顔的存在とも言える名店です。


フランソワリュルトン社の「Les Fumées Blanches 百富美黑皮诺干红」198元。店舗推奨、フランス産ピノノワール品種の飲みやすい赤です。


「Rouleaux De Printemps Porc Crevettes 乌龙猪肉鲜虾春卷」38元。お馴染み、海老と豚肉の生春巻きです。



こちらも人気の「Salade de Bœuf Grillé Au Citron Vert 柠檬蔬菜烤牛肉沙拉」46元。炙り焼き牛肉のサラダです。「Chips Aux Cravettes 越南炸虾片」18元と。


フレンチからも定番的献立、「Filet De Tilapia Sauce Meunière」78元。白身魚、いずみ鯛のムニエルです。


ベトナム家庭料理、定番中の定番「Porc au caramel 焦糖猪肉配米饭」55元。ティットヘオコー Thit Heo Kho はジャスミンライスと楽しみます。




バーではカクテルも提供。デザートの看板は「Tarte Tatin 法式焦糖苹果」38元です。



Le Little Saigon  西贡在巴黎
電話番号: 010 6401 8465
住所: 北京市东城区旧鼓楼大街141号

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

Stone Brewing Tap Room

上海「Together」を始め、話題店の開店で注目を集める愚园路。中でも大型店として瞬く間に人気を確立、連日連夜の賑わいを誇る「Stone Brewing Tap Room」です。

「Stone Brewing Co.」社はカリフォルニア州サンディエゴを拠点とするクラフトビール製造者、独立系としては2018年の販売量で全米第9位の大手。その海外3店目、かつアジア初出店という形での参入です。大迫力の店舗中央にはタップとバーカウンター。自社製造の名品の数々に加え、近郊マイクロブルワリーから直送のゲスト商品が提供されます。店内には7~8人であればソファ席、あるいは店頭及び店舗裏手にはテラス席と楽しみ方も様々。規模とクラフトビールの品質で界隈を圧倒、かつ食事の美味しさにも定評有りです。2018年7月26日の開店より1年を迎え、その実力が一層際立つ人気店です。

愚园路を地下鉄「江苏站」を超えて更に西側へ、「创邑SPACE」の標識を目印に向かいます。旧製薬工場「上海长征制药厂」跡地の広大な敷地には事務所棟と飲食店が同居。店舗は正面建物の右側。左側には文字通り双璧を成す形で「The Nest」系の新ラウンジ「The Cannery」が位置します。



本数限定商品「Stone Fyodor Imperial Russian Stout Stone 费奥多俄罗斯帝国世涛」ABV 13.5% IBU 43、300ml 100元。アメリカンオークのバーボン樽で14ヶ月かけて熟成された名品、香辛料と共にバニラとキャラメルの香りが引き立ちます。


揚げカリフラワー「"Angry" Cauliflower "发泄"花椰菜」48元。付け合わせのコチジャンソースは中辛「Friendly」と激辛「Furious」から選択。刺激を求めるなら後者で。



人気のBBQバーガー「The Stone Brewing BBQ Bueger Stone BBQ汉堡」98元。アボカドたっぷり、170gの和牛が玉葱にチェダーチーズと共にとろけます。


Stone Brewing Tap Room
電話番号: 021 6226 2510
住所: 上海市长宁区愚园路1107号 弘基创邑国际园1号楼1楼

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

The Woods Café

2018年6月末、人気の「The Woods Restaurant」新城国际店の閉店からほぼ1年。国贸界隈、北京CBD地区でも新生「The Woods Café」としてすっかり定着です。

新展開「The Woods Café」の基本はカフェ兼サンドイッチの専門店。かつサラダにワインと日常使いにも楽しい軽食店の位置付けです。旗艦店的存在の国贸店は国贸商城北区の1階に立地。ほぼ会計と注文受取りのみの店舗となります。飲食は店頭に数席配置されたテーブル席。あるいは左側、エスカレータ脇の店舗専用席を利用します。

一方の王府井に位置する最新店、王府中环店には簡易的な厨房も併設。サンドイッチ類に加え、レストラン仕様のメニューも充実です。地中海料理を基調に、金融街「The Woods Restaurant」と一部メニューを共有します。中でも海鮮パエリアは旧新城国际店でも最も頻繁に注文されていた看板の一つ。旧来からの顧客層を喜ばせてくれます。

北京を代表するおしゃれカフェの最先端。「The Woods Café」は市内に現状4店舗、「The Woods Restaurant」は金融街の1店舗にて営業継続中です。




「The Woods Café」といえば、古典式コブサラダ「Classic Cobb 经典科布沙拉」45元。「Double Espresso 双份意式特浓咖啡」25元と。以上、国贸商场北区三期B座の国贸店。



「Truffle French Fries 松露薯条」38元。テヌーテディトスカーナ社のプロセッコ「Danzante Prosecco 意大利丹泽特起泡酒」210元と。王府中环店です。



「Seafood Paella 海鲜饭」2人前260元。王府中环店では「The Woods Restaurant」からの看板メニュー、海鮮及びイカ墨パエリアを楽しむことが出来ます。スモークサーモンとアボカド、紫芋、松の実のサラダ「Salmon Avocado 三文鱼牛油果沙拉」58元と。

The Woods Café
国贸店
電話番号: 010 6808 6608
住所: 北京市朝阳区建国门外大街1号 国贸商城北区一层 NL1022

王府中环店
電話番号: 010 6852 5880
住所: 北京市东城区王府井大街269号 王府中环西楼3层310号

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

Izakaya Damuma

令和の朝です。本日は北京の最新店「Izakaya Damuma」について紹介させて戴きます。こちらはお馴染みの名店「Bottega 意库」三業態目の展開、店名の通り居酒屋兼焼き鳥専門店となります。

今回も店舗は三里屯「Nali Patio 那里花园」内、同系列のメキシカン「El Barrio 墨圈儿」真下の1階部分に位置します。現在は4月16日火曜日より試運転メニューにて営業中。おつまみに串もの、焼き鳥にご飯ものと今後の看板となるべく主力品の数々が厳選されています。木材を基調とした内装に赤色の照明。文字度通り赤提灯の再現です。テーブル席に加えてカウンター席も設置、焼き鳥に一人呑みとまさに居酒屋様式。各国料理がしのぎを削るこの界隈にまた新たな楽しみが一つ加わりました。

 店舗の運営は「Bottega 意库」創業一家のご親族。料理も飲料類の取り扱いも全く違えど、その実績と集客力は折り紙付き。正式開店後はメニューも現在の数倍規模になるとのご想定。純真正ナポリピッツァからタコス、焼き鳥専門店へと進化と発展を続ける創造性と発想には脱帽です。



白ワインの様な日本酒、滋賀県笑四季酒造の看板モンスーン山田錦「Monsoon Series Yamadanishiki By Emishiki Sensation 笑四季 贵酿酒原酒」720ml 698元、グラス68元。精米歩合50%の貴醸酒です。



チーズの西京揚げ「自制味曾芝士 Cream Cheese With Miso」38元と梅肉のきゅうり巻き「黄瓜卷梅子  Cucumber Roll With Ume Plum」38元。名古屋手羽先もお勧めの一品。




焼鳥メニューからは看板のつくね「鸡肉棒 Chiken Meatball」1本20元とレバー「鸡肝 Checken Liver」1本12元を。つくねはマスカルポーネ、卵の黄身と混ぜて戴きます。




もつ煮込み「味曾煮牛小肠 "Motsuni" Miso Tripe Stew」38元と所謂、締めに東京油そば「东京油拌面 Tokyo Abura Soba」68元。こちらも看板です。赤ワインと共に。

Izakaya Damuma 达屋
電話番号: 010 8455 2966
住所: 北京市朝阳区三里屯北路81号那里花园1楼

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報