Hooley's Irish Pub and Restaurant

今年で第16回となる「Auto Guangzhou」広州国際モーターショーが開幕。世界中から多くの関係者が一同に会する季節がやって参りました。数あるバー関連の中でも「Hooley's」は特に多国籍なアイリッシュパブ。一年を通じて酒場愛好家が集います。

天河区は企業と商業の中心地。中でも珠江新城地区には高層ビルに住居、五つ星ホテルが軒を連ねます。そんな華やかな地区にも生活に根差した一画が混在。そこから更に路地伝いに数軒先、一見隠れ家的な佇まいで「Hooley's」は登場します。店内は寛ぎと熱気が同居。楽しみ方は全くの個人任せ、お店側の柔軟さも手慣れたものです。

ギネスを始め、タップからのビールは輸入ドラフトが主流。人気のバーガーにケサディラと食事も充実です。夜遅めの生演奏は2階。大きな試合のある日は店全体がスポーツバーへと様変わり。アイリッシュパブの伝統とそこに期待される全てが凝縮された秀逸店です。現在の店舗には2013年に移転、開店しています。


まずはアイリッシュスタウト。「Murphy's Irish Stout 墨菲黑啤」パイント35元、3L 198元の特級輸入ドラフトです。泡との境目も真っ直ぐ一本線、キンキンに冷えています。



メニュー外で作ってもらいました。「Grand Marnier Frozen Margarita 柑曼怡冰冻玛格丽特」50元。

Hooley's Irish Pub and Restaurant 活利仕西餐厅 珠江新城店
電話番号: 020 3886 2675
住所: 广州市天河区珠江新城兴盛路8号101号铺

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

青島の人気カフェ特集

ドイツ洋館と海辺、観光都市としても抜群の人気を誇る青島。その開放的で垢抜けた街並みの中に素敵なカフェが点在します。

「Idle Cafe 海边的猫和咖啡馆」は青島猫カフェの決定版。八角形の展望台「览潮阁」で有名な「小鱼山公园」入口ほぼ正面、観光客と愛好家が続々と訪れる人気店です。最寄りの地下鉄「汇泉广场」駅からは栖霞支路を登って福山路、福山支路へと10分強。木造カントリー風店内にはとても緩やかな時間が流れます。時には昼食、あるいは喫茶と毎日でも楽しみに来たくなります。

店舗を出て右側少し先には鱼山路。中国海洋大学、かつての文化著名人の旧居「文化名人故居」の数々と周囲の見所にも贅沢な「Idle Cafe 海边的猫和咖啡馆」です。



人気の「Latte Art Is a Cat 萌」35元。他にもパスタやサンド、サラダ等の軽食メニューが揃います。



文字通り「小鱼山公园」を目前に私大満足。楽しい室内席と心地よいテラス席、雰囲気を変えて利用します。

「Imeroui 伊美萝薇海景咖啡」は海辺の小型宿泊施設「青岛伊美萝薇海景别墅酒店」に隣接するカフェ。広くは別荘地として名高い八大关地区。所謂「八大关景区」の東側、「太平角公园」海側の一画に店舗を構えます。結婚式の記念撮影にも人気の界隈。周囲には太平角の岬に通じる風光明媚な街並みが続きます。

敷地入口からは石庭を通って店内に。座席を確保した後、入口に戻って注文と会計。名物のアイスラテにサラダ、サンド、バーガーといったカフェメニューが並びます。定番は木々の向こうに海を感じる1階テラス席。時には見晴らしのよいテラス席2階も。

海を見渡すカフェは青島そのもの。加えてここは都会の中の別荘地、時間をかけて軽食と喫茶を楽しみたい「Imeroui 伊美萝薇海景咖啡」です。



看板メニューの「Anna Ice Coffee Latte Anna 冰砖咖啡」58元。氷状のコーヒーを牛乳で溶かします。テラス席2階からの眺望は太平湾景区、花石楼付近から遠くには汇泉角。



林檎と鶏胸肉が特徴的な「Warm Salad 温沙拉」88元。店内は室内、写真のテラス席1階と2階の3部構成。室内席は事前予約で埋まる傾向にあります。



注文は入口の精算機で。入館時には呼び鈴で扉を開けて貰います。


最寄りの地下鉄「太平角公园」駅からは徒歩16分。香港西路を東向きに歩行、湛山路の小さな通りを右に入って道なりに進むのが推奨経路です。後は湛山一路に出た所で左折、湛山一路をほぼ終点まで直進。太平角一路を横断した所で写真の「Imeroui 伊美萝薇海景咖啡」の標識を確認する事ができます。太平角一路からの場合は、この標識を目印に湛山一路に入ります。

Idle Cafe 海边的猫和咖啡馆
電話番号: 0532 8288 0850, 139 6983 2246
住所: 青岛市市南区福山支路15号2户

Imeroui 伊美萝薇海景咖啡
電話番号: 0532 8280 7555
住所: 青岛市市南区太平角一路11号

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

Bird and Bitter

上海ゆる系西洋小料理店の新星。創作系フレンチに定評の「Bird」です。統合型飲食店「Bird and Bitter」の一部として開業。表札が示す通り「Bird」はワインを楽しむ食卓。そのための逸品メニューがほぼ月替わりで提供されます。

全20席程度の店内、その主流はカウンター席です。バー越しに厨房を望む様な形で着席します。厨房には料理長の Chris Zhu 氏。その魅力は信頼感と訪れる度に新鮮な発想。主力の小皿フレンチは常に進化、新たな工夫を加えた形で毎度違った形に更新され続けます。居心地の良い店舗は Linehouse 社による設計。木と金属とコンクリートの組み合わせが現代風です。

「Bird and Bitter」の仕掛け人は Camden Hauge 氏。数軒挟んでほぼ隣同士の2店舗を統合しての同時運営です。右の店舗が「Wine + Kitchen」の「Bird」で左が「Cocktails + Coffee」の「Bitter」という構成。元は「Fat Mama」五原路店の跡地。注目の五原路にまた名物店が一軒と、2018年2月の試運転時より相当な話題となりました。和みの五原路に小粋な食卓、再来訪の顧客を今日も惹きつけます。 


タイムクラッカーとチーズの組み合わせは、ほぼ定番化している看板メニュー。「La Fontaine Cheese, Thyme Honey, Cumin, Thyme Crackers」98元、ブリーチーズのタイム蜂蜜掛けです。



「Melini, Tuscany」グラス68元に「New Zealand Mussel, Clam, Crouton」118元。



「Spicy Beef Tartare, Crab Mayo, Seaweed」58元。牛肉たたきのタルタルも、開店時から進化を続ける十八番です。



小団体には右手のカウンターテーブル席。和んだ空気はカウンター席と同じです。



「Delas Ventoux, Rhone, Grenache / Syrah」340元、グラス68元。「Bitter」にて。

Bird Wine + Kitchen
電話番号: 135 0172 6412
住所: 上海市徐汇区五原路50号

Bitter Cocktails + Coffee
電話番号: 135 0172 6412  ※電話番号は「Bird Wine + Kitchen」と共有
住所: 上海市徐汇区五原路58号

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

That's Shanghai Food & Drink Awards 2018

「That's Shanghai」誌による今年の上海レストラン大賞が発表されております。遅ればせながら感もございますが、当ブログでも紹介の店舗を中心に主な受賞状況を追っていきたいと思います。

2018年の大賞「Restaurant of the Year」は外滩を代表するフレンチイタリアン、「Mercato」に決定。近年の大賞といえば、2015~16年と連続受賞の「Mr & Mrs Bund」の印象が強い中での受賞です。世界中からの観光客の集う外滩。かつミシュラン最高3つ星の Jean-Georges Vongerichten 氏と現役3つ星 Paul Pairet 氏、共に大御所総料理長の指揮による有名店。世界における外滩界隈の位置付けがよく理解できる構図です。


「Three on the Bund 外滩三号」の「Mercato」は堂々、初の大賞受賞です。

続く「New Restaurant of the Year」賞は愚园路の「Together」が、やはり感のある受賞。昨年2017年は五原路の「Diner」でした。バーでは「Union Trading Company」と「FUNKA del Sur」がそれぞれ大賞と「New Bar of the Year」賞です。

各部門賞で目ぼしい所では「Liquid Laundry」の「American Restaurant of the Year」すなわちアメリカン賞。同様に「El Luchador/ El Santo」と「El Willy」がそれぞれメキシカン賞とスパニッシュ賞に選出。ぺルビアン料理で圧倒的な評価の「Colca」も「Latin American Restaurant of the Year」としてその名を連ねています。


外滩強し。店舗左手奥、小窓から东方明珠广播电视塔を望む夜景が特に印象的な「El Willy」です。

他にも Jean-Georges Vongerichten 氏の「Jean Georges」本体はフレンチ賞、イタリアン賞には「Goodfellas」が選ばれています。アジア料理では「Ginger」の東南アジア料理賞、「Cyclo」のベトナミーズ賞と順当。云南料理賞は「Lost Heaven」と定位置。「Kartel」も「Wine Bar of the Year」で受賞しています。毎年、表彰式も開催されている様なので機会があればそちらにも訪れてみたいと思います。


今回「Mr & Mrs Bund」は「Restaurant with an Outstanding View」で受賞です。

最後に「That's」誌は「HK Focus Media」社の発行する英字フリーペーパー。拠点は北京、天津、上海、广州、深圳の国内5都市。それぞれ「That's Beijing」「That's Shanghai」と言った形で発行、オンライン版もアプリ等で配信されています。競合となる主な英字フリーペーパーは「City Weekend」誌と全世界展開の「Time Out」誌。北京では「Beijinger」誌も普及しています。

今回新たに写真掲載の2軒の店舗情報は下記の通りです。

Mr & Mrs Bund
電話番号: 021 6323 9898
住所: 上海市黄浦区中山东一路18号外滩18号6楼

El Willy
電話番号: 021 5404 5757
住所: 上海市黄浦区中山东二路22号5楼

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

Susu

胡同地区、及び北京を代表するベトナム料理店。国贸商城三期北座の2号店「小苏苏」を通じて支持層も拡大中です。

本店「苏苏会」の魅力の一つは木陰の中庭とその先の屋上席。規模感に導線、景観と数ある四合院造りの飲食店の中でも完成度が際立ちます。加えて盛り付け、食器と現代風に演出された伝統的なベトナム料理。2011年の開業以来、本店の看板メニューは一貫してフォー。スープは絶品、香草等の野菜も適量です。ハノイの名物料理「Chả cá Lã Vọng」チャーカーラボンも「苏苏会」ならでは、雷魚ターメリック鍋です。

創業者は Amy Li、 Jonathan Ansfield 氏夫妻。近年ではタイ料理店「Pak Pak」も同系列、都会的でお洒落なアジア料理店専業の印象です。2017年4月には国贸商城三期北座5階に2号店。胡同に始まり高級商業施設に出店という事業展開は今や北京の王道。「苏苏会」はその先駆者の一軒です。夏場は屋外、冬場は本店室内席あるいは夜景も望める2号店「小苏苏」へ。



「苏苏会」本店と言えばフォー。本店の「Chicken Pho 鸡肉河粉」は写真のL寸で58元、M寸は48元。L寸とのランチセット78元は休日も利用可能です。



個室的な部屋は8~9人掛け。1階の中庭席、屋上のテラス席も人気です。


本店へは钱粮胡同から钱粮西巷、この小路を入って突き当りへ。



「Argiolas Isola Del Sole Bianco」228元、サルデーニャワインです。パイナップルの効いた生春巻き、「Shrimp & Pork Roll 经典猪肉虾仁春卷」52元と共に。こちらは国贸三期B座の「小苏苏」です。



「Papaua Beef Salad 木瓜牛肉沙拉」58元と「Veggie Tofu Curry 咖喱豆腐蔬菜」78元。カレーは単品で昼食時にも最適、是非ともライスと共に。


レモングラス風味のソテー「No.10 Chicken Leg 十号香鸡」118元も看板メニューの一つです。「小苏苏」のフォーは牛肉、鶏肉共に65元です。


国贸商城三期では6階「Blue Frog」も人気です。

Susu 苏苏会
電話番号: 010 8400 2699
住所: 北京市东城区钱粮西巷10号

Xiao Susu 小苏苏
電話番号: 010 8599 7757
住所: 北京市朝阳区国贸商城三期北座五层5014

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

El Luchador

上海を代表する純メキシカン。本拠地となる永康路の現店舗は、角地の旧本店から徒歩1分。静かになった夜の永康路、少し落ち着いてタコスとブリトー中心に楽しむテキーラバーの趣きです。

市内全3店舗の総料理長はメキシコご出身の Eduardo Gomez 氏。2013年11月、「Camel Hospitality Group」社と共に永康路40号の旧本店を開業。当時の2階建て店舗は襄阳南路との角地の目印的存在、人気を集めます。店名のルチャドールはメキシコの伝統、ルチャリブレの男性覆面レスラー。新天地店に永康路45号の現店舗を含め、店内装飾の意匠にもふんだんに取り入れられています。メニューは各店、ほぼ共通。お馴染みのメキシコ地元料理が並びます。加えて各種のテキーラカクテル。中でも豊富に揃ったフローズンマルガリータは圧巻、「El Luchador」が支持される最大の理由の一つです。

新天地の上海2号店に次ぐ「El Santo」の立地は、集客力抜群の巨鹿路「Found 158」の一等地。併せて「El Luchito」の名称で開店した永康路45号店舗も店名を変更。2016年10月9日の旧本店閉店から1年半、永康路に「El Luchador」が再び戻る形になりました。永康路を本拠地に人気の商業施設へ拡張。「D.O.C Gastronomia Italiana」あるいは同じく「Found 158」の「Hooked」を手掛ける経営母体ならではの展開です。市内では衡山路の「Pistolera 女枪手」と双璧を成すメキシカンの名門。その第2章が始まっています。



「El Luchador」といえばこのルチャドールロゴ。店名そのまま、全店共通です。「Karl Strauss Hoppyalis IPA 卡乐施特劳斯印度淡色艾尔啤酒」ドラフト50元。




「Pork Carnitas Burrito 猪肉芝士卷」70元。サイドディッシュ用の小皿ワカモレチップ「Guacamole 牛油果酱」25元と。以上、永康路の現本店です。



熱気溢れる新天地店は屋内50席、屋外50席。華やかな「Hibiscus Margarita」と共に。


巨鹿路「Found 158」の新店舗。こちらは店名が「El Santo Tacos & Tequila」となっています。屋内の座席数は3軒中、最大。9月16日のメキシコ独立記念日には遅くまでまで集会が繰り広げられます。

El Luchador
YKL  永康路 / 旧 El Luchito Tacos & Tequila
電話番号: 021 6433 0201
住所: 上海市徐汇区永康路45号

Xintiandi  新天地
電話番号: 021 6331 0703
住所: 上海市黄浦区兴业路123弄 新天地南里5号楼101室

El Santo Tacos & Tequila Found 158
電話番号: 021 6333 2181
住所: 上海市黄浦区巨鹿路158号B1楼5137

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

Ristorante Casanova

Strong Ale Works」に次ぐ青島第二弾。青島ヨットハーバーの眺望と薪窯ピッツァに注目のリストランテです。

「青岛奥林匹克帆船中心」すなわち青島ヨットハーバーは2008年8月、北京五輪のヨット競技の開催地。北京市外で唯一の五輪会場として、多くの観光客が訪れる名所でもあります。「Ristorante Casanova」はその海辺にそびえる「海信广场」の5階。青島を代表する一大企業集団、ハイセンス社の下で運営される高級商業施設に店舗を構えます。開業は2015年5月。施設の大規模拡張改装の際、目玉の一つとして存在感を示します。

ヨットハーバー越しに浮山湾景区を一望するテラス席は格別。青島では貴重な薪窯で焼き上げられるピッツァはパリッとしたローマ風。潮の香りを感じながらの食事は海洋都市、青島ならではの贅沢です。夕食は前菜と主菜にワインを添えて。静かに楽しみたい時は屋内側の席をお願いします。



「Autoritas, Chilie, Syrah 2016」168元、グラス55元。まずはカプレーゼ「Insalata Capresse」78元で。



人気の「Prosciutto Di Parma 」128元。プロシュートとモッアレラ、ルッコラのピツッア、定番です。



「Branzino Alla Piastra Con Risottino Di Verdure」128元。鱸のソテー、リゾット添えです。青島ヨットハーバーの夜景と共に。

Ristorante Casanova
電話番号: 0532 6678 8558
住所: 青岛市市南区澳门路117号 海信广场F5

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報