Seirinkan

11月です。そして東京のおしゃれグルメ初掲載。東京におけるナポリピッツァの原点、旧「中目黒サヴォイ」の紹介です。創始者はお馴染み柿沼進氏。2007年6月、お向かいへの移転を機に旧店舗の権利をご売却。以降、「聖林館」としてその伝統を受け継ぎます。

ピッツァのメニューは本場ナポリの王道、マルゲリータとマリナーラの2品構成を貫きます。一方で熊本の挽きたて国産小麦を採用する等、その創作内容は確実に進化。数あるナポリピッツァの人気店の中でも、頭一つ抜けた印象です。前身「中目黒サヴォイ」の開業は1995年4月。同じく中目黒地区の伝説、旧「サルヴァトーレ 」と共に直輸入の薪窯で世間に衝撃を与えます。

東京そして日本におけるナポリピッツァ黎明期から早や25年。国境を越え、日本の職人技がナポリピッツァ本流の進歩と発展を支えます。3階建てながら週末等、店舗はほぼ満席。予約必須のカリスマ店です。ミシュランガイドには2014年から2016年の3年間、ビブグルマンとして掲載。


まずはトマトとバジルとモッツアレラの「Margherita マルゲリータ」税込み1,500円。



もう一つのピッツァ「Marinara マリナーラ」も税込み1,500円。具材はトマトとニンニク、オレガノ、バジルです。しっかりとした赤「Sicilia Rosso シチリアロッソ」グラス、税別900円と。


レタスとルッコラと白ワインビネガーの前菜サラダ「Insalata Verde インサラータヴェルデ」税別1,000円。メニュー表記はピッツァのみ税込み価格。飲み物を含め、他のメニューは全て税抜き価格での表記です。


Seirinkan 聖林館
電話番号: 03 3714 5160
住所: 東京都目黒区上目黒2-6-4

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 グルメブログへ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報