北京上海おしゃれグルメ日記

kalakauaavenue’s diary

Boxing Cat Brewery

上海地ビールの雄「Boxing Cat Brewery」の北京進出第1号店。自家製ビールの品揃えは、ざっとお馴染みの逸品が勢揃い。名門地元ブルワリーがひしめく中、どのような形で愛好家を獲得していくのか。一挙手一投足に注目です。

今回、拠点に選ばれたのは新源西里「金尚」ビル。約1ヶ月間の試運転期間の後、2018年9月18日より通常営業となっています。店舗の規模は上海の主要2店と比べて大型。外のテラス席を加えると、同じく上海の系列店「Liquid Laundry」に近い規模感の印象です。前回も記載の通り、「Boxing Cat Brewery」は2017年3月からABインベブ社の傘下。そこから1年半、その資金力が北京上陸という形で発揮された事には納得です。

醸造設備は上海、虹桥で開業時より使われていた最初の一式を搬入設置。ブルーマスターMJ氏の指揮の下、北京で再稼働です。正真正銘、初代設備で醸造されたオリジナルレシピをその現場で味わえる贅沢感は格別。北京クラフトビール五強時代到来への期待が高まります。



本日のタップは店内奥のカウンター中央にて確認。「Breast Wishes Nitro Milk Stout 可可拿铁氮气黑世涛」はABV: 5.8%、IBU 12。収まった後の豊富な泡とビールとの間にはマジックで引いた様な境界線。スタウトならではです。



香菜の効いた前菜「Slow Cooked Shredded Port Tostadas 墨西哥风味猪肉丝饼」は2片38元。サラダは「Kale Caesar Salad 羽衣甘蓝凯撒色拉」78元。



週末はフラットブレッドピザが登場。「Curry Chiken 咖喱鸡肉意式烤馅饼」50元。こちらも香菜風味です。



「Donkey Punch Porter 驴脾大腕波特黑啤」はABV: 5.6%、IBU 25の定番です。


2018年8月12日から開始されたソフトオープン期間中の様子。

Boxing Cat Brewery 拳击猫
Beijing 北京店
電話番号: 185 2151 7123
住所: 北京市朝阳区新源里西20号楼金尚首层109單元

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報