北京上海おしゃれグルメ日記

kalakauaavenue’s diary

Toast at The Orchid

北京を代表する隠家胡同ブティックホテル「The Orchid」のメインダイニング。掲載写真及びメニュー等の各種更新に伴い、再投稿させて戴きます。

広義には同じく胡同地区の「Susu 苏苏会」同様、四合院造りの飲食店人気は今だ高騰するばかり。「Toast」では特に休日昼食時、1時間待ちは当り前になっています。まずは1階のホテルフロントにて名前を告げ整理券を入手。そのままロビー等で順番を待ちます。

料理の基本は東地中海のタパス料理。数皿を分け合う想定です。主力のアラカルトメニューは昼夜を通して共通、個々の料理の内容は季節毎に更新されます。迷った時の参考は周囲。人気の品は大抵の席で注文される傾向にあります。更に「+」の付いた季節の新作、あるいは料理長推薦「✔」の品を加えて楽しみます。

「The Orchid」は鼓楼东大街もしくは华丰胡同から宝钞胡同に入り、更にその中程にある路地を入った先に立地。「Toast」はロビー棟の2階部分を占有します。店内には中庭をL字型に見下ろす形でテーブル席とソファテーブル席、及び屋根と囲いで覆われた半テラス席を配置。午後はアフタヌーンティでの利用も好評です。近隣、鼓楼东大街の名店「Café Zarah」と共に北京胡同地区を語る上で必須の定番店です。



「Roasted Cauliflower, Fennel and Papper Salad 烤菜花沙拉」58元はカレー風味のピリ辛サラダ。フランスのスパークリング「Kraemer - Blanc De Blanc Brut 霞多丽」280元と。



「Puffed Beef Tagine 松脆牛肉塔吉」88元。人気のタジンは香菜が特徴的。「Iron Frittata 铁板烘蛋」78元も多くの席で注文。イタリアンオムレツ、フリッタータです。


食後は看板デザート「Peanut-Chocolate Cheesecake 花巧芝士蛋糕」58元とコーヒーで。



お昼時の予約は大人数のみ、基本的に到着順に入店。ロビーでは中国茶や茶器も販売されています。夜は予約可。春から秋にかけての季節は屋上テラスも人気です。


宝钞胡同から更に路地を入ったこの突き当りがホテル「The Orchid」となります。

Toast at The Orchid
電話番号: 010 8565 9295
住所: 北京市东城区鼓楼东大街宝钞胡同65号

下記、ブログ掲載店を含め北京上海のおしゃれグルメ総まとめサイトです。

www.foodiesleague.com

  にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
ブロトピ:今日の料理・グルメ情報