Toast at The Orchid

北京を代表する隠家胡同ブティックホテル「The Orchid」のメインダイニング。

鼓楼东大街もしくは华丰胡同から宝钞胡同に入り、更にその中程の小道を入った先に「The Orchid」は位置します。「Toast」はその2階、中庭をL字型に見下ろす形でテーブル席とソファテーブル席が配置されます。

食事の基本は東地中海料理。比較的小皿で、数品を分けて戴きます。主力メニューは昼夜兼用。それらに昼間はアフタヌーンティを追加、夜はメインの品目を増やす形でそれぞれのメニューが構成されます。迷った時には「✔」の付いた季節の看板メニューを。

名店「Café Zarah」同様、胡同地区を語る上で必須の一軒です。



セージバターの香りとかぼちゃが印象深い「Spiced Squash Agnolotti 南瓜意式饺子」68元は昼夜兼用メニュー。メニューは季節に応じて定期的に更新されます。



季節によっては屋上テラスも人気。一つ下の2階のテラス席には新たに囲いを設置、冬場も利用が可能になりました。


お昼時は大人数以外、1階ホテルロビーにて順番待ち。中国茶や茶器も販売されています。夜は電話等にて予約可。



宝钞胡同から更に入った路地突き当りが「The Orchid」となります。

Toast at The Orchid
電話番号: 010 8565 9295
住所: 北京市东城区鼓楼东大街宝钞胡同65号

www.foodiesleague.com